日々道楽

独裁者の末路

 ベネズエラで混乱が続いている。

 年末、「ハムを寄越せ!」という物価デモが発生した。人々の常食のハムが店頭から消えているという。

 しかもインフレ率は2,000%を超えているそうだ。

 マドゥロ独裁権力で政治が乱れ始めて、なおかつ、権力政治がおこなわれると際限なく混乱が続く。石油頼みの経済がまだ立ち直るきざしがない。

 マドゥロは政権を手放した後を考えると、死にもの狂いなのだろう。

 AFPの今年の世界12大ニュースでは、北朝鮮問題より上の5番目にベネズエラの経済危機を掲げた。

 危機にランクをつけても当事者は浮かばれないが、もっと世界を見る力を育てないといかんと思う。