日々道楽

軽挙妄動

 安倍氏の功績(もちろん不品行だが)の1つが、言葉の価値を失わせたことだ。当初は言葉が軽いと感じたが、いまやほぼ信用できなくなった。

 野党質問時間を減らして与党に回すと言いだしたので野党は当然反対する。国民諸兄も同感だろう。

 本日の読売社説だ。いわく「野党が質問時間制限だと抗議するのであれば、モリ・カケ問題の追及ばかりに偏向した不毛な質疑の姿勢を改めて」云々。

 ちょっとお待ち。野党は好きでモリ・カケばかりやっているわけでない。

 それを「偏向」と批判するのであれば、公正なジャーナリズムとしては「安倍氏が事実をきちんと語ればすむことだ」という言葉を重ねてもらいたい。

 まあ、ご用提灯のおかけで、安倍氏が質問時間を持ち出した本音が、ソバに参っているということである。