日々道楽

性懲りもなく

 学習効果が出ない連中は救いがたい。

 与党と野党全体の投票率は、ほぼトントンである。

 ところが、たくさんの支持をいただいたから、予算委員会での与野党質問時間の配分を変えると言いだした。安倍氏が、モリ・カケで、ほとほと参っている様子がよくわかる。

 政府と与党は同根だから、審議するにしても馴れ合いになりやすい。そこで野党に質問時間を多くするという慣例である。

 実際、いままでの与党質問でも、ヨイショと手前味噌の宣伝が鼻につく。

 与党質問時間を増やすことは、都合のよろしくないことを追及する野党の言論封じであり、結局、審議の中身を薄くしてしまう。反対だ。