日々道楽

なんどでも安倍氏に「NO!」

 職業政治家のみなさんが党派を問わず求められているのは、議会が品位ある高質の論議をすることにある。

 明晰にして明解、説得力があって、納得性を高めるように努力してほしい。

 選挙のときは言いっ放しだ。なおかつ、大方はヒイキ筋が拍手喝采してくれるのであって、少々の瑕疵や表現不足は許容される。

 しかし、本当の議論は、考え方や主張の異なる者同士が、相互に主張を開陳し、相手の主張を理解・消化し論議を組み立てねばならない。論議が平行線のままであっては有効な解がえられない。

 安倍氏にはこのような認識がない。わたしは、だから危惧するし、安倍氏が首相として不適格だと主張する。

 とりわけわが国政治において、安倍氏が言葉の価値を貶めてきた事実を、わたしは到底許せない。

 なんとなれば、言葉の価値が下落することは社会が質的に崩壊へ向かっているからだ。社会を壊すのが首相の仕事か!