日々道楽

憲法違反の安倍+自民党

 憲法を守るという意味は2つある。

 1つは、現行憲法を保守する立場である。時代に応じて改憲するというのは理屈であるが、憲法の基本的骨格を変えるということになると、単に時代状況対応論だけでは説得力がない。

 もう1つは、現行憲法に則って政治をおこなうことだ。

 いま、政府与党が批判されているのは、この間、憲法を無視して極めて強引な政治をおこなってきたからであり、憲法に違反するような行政を展開する連中には政治家としての資格がない。

 憲法を遵守しないような政党・政治家に政治を委ねるのであれば、わが国は無法国家になってしまう。

 これはデモクラシー以前であることは当然、イギリスでいうならば、マグナカルタが結ばれた1215年以前になってしまう次第だ。