日々道楽

奇奇怪怪!

 民進の希望への合流がギクシャクしている。

 小池氏ははじめから選別ありだというが、前原氏が語った内容とは大きく異なる。政治家同士の話がシロクロ明確にできないのは大昔からである。

 ただし、これは合流の基本的「戦略」問題であるから、両氏がいちばん大事なところで明確な合意をしていないのはおかしい。

 そこで緑の狸に騙されたという批判も出る。

 なんとなれば、小池氏がかなりのナショナリストであることは周知であり、選別しますと初手から語っていれば、前原氏は合流話にはできないはずだ。

 もし、前原氏が小池氏の選別ありを承知していたのであれば、代表が民進党を崩壊させたことになる。

 だから裏切り説も浮上する。

 この話、きちっと整理してもらいたい。