日々道楽

次善、三善であろうとも

 昨日、民進党の両院議員総会で、さまざま不審・疑問を残しつつも、希望の党への解党的合流が満場一致で確認された。

 小池氏は合流に非ずとして、個人的に選別する意向らしいが、民進党側(前原氏)との調整合意がどうなるのか。これまた、政治的采配であろうから、蓋を開けてみなければわからない。

 いずれにせよ、希望の党の圧倒的多数は民進党議員という次第になる。

 今回で引退する横路氏(昔は社会党)は、平和問題と働く人のための政治を訴え、川端氏(昔は民社党)は、権力亡者の安倍政権に対して国民的怒りをぶつけてほしいと訴えた。これらの主張は、大方の理解と共感が得られるだろう。

 野党共闘を推進してきた市民運動との溝は埋められないだろうが、仕方がない。それぞれの立場で、反安倍政権の活動を推進するしかない。

 立場が異なろうとも、みんなが本気で活動するしかない。