日々道楽

危険なAAコンビ

 「日本はアメリカに戦争させたがっているようだ」と、中国外交当局者が韓国外交当局者に語ったらしい。

 これを報道した朝日新聞記者は、日米韓の連携を弱めるための発言だろうと書いた。わたしはそうは思わない。

 安倍氏の国連スピーチを聞けば中国外交当局者でなくてもアメリカを焚きつけているように聞こえる。

 麻生氏が一昨日、宇都宮での講演で、(事ある場合)「北朝鮮の難民に武装難民が混じっているから——射殺すべきなのか真剣に考えたほうがいい」と語ったそうだ。

 政府・自民党は妙に高揚しているのではないのか。

 麻生発言は、1923年9月1日関東大震災発生後、警視庁が全国に「不逞鮮人取締り」を打電。これが発端で流言飛語を呼び、朝鮮人の虐殺を招いた苦い歴史を想起する。

 安倍・麻生コンビは、Abunai・Ahoコンビだといいたい。