日々道楽

言葉の弾みが危険だ

 アメリカの戦略は、核とミサイルを放棄させたい。

 北朝鮮は核とミサイルを確保することこそ対米安全保障の柱だと確信しているから、核・ミサイル放棄はありえない。

 このままでは話し合いは一切しないことになるが、一方、経済制裁は効いてくる。北朝鮮はさまざま抜け道を工夫してきているけれども限界がある。

 仮に発射実験を停止させたとしても、インターミッションに過ぎない。

 アメリカが北朝鮮の脅威感を除去しようとすれば、平和共存へ向けて朝鮮戦争の終結をするか、あるいは、いかなる惨禍を呼ぼうとも北朝鮮の体制を崩壊させることの2つに1つだ。

 罵倒・恫喝合戦からは真っ当な価値が生まれない。