日々道楽

ばけの皮の中味

 最近、大嫌いな言葉は「丁寧な説明」である。

 わたしは、丁寧な説明とは、相手が疑問を抱いている事柄について、納得してもらえるように問題の核心(コンテンツ)を話すことだと思う。

 ところが、政治家連中ときたら、丁寧とは、頭を下げて、猫なで声で話すことだと解釈しているらしい。これ、コンテンツではなく、プロセスに過ぎない。

 丁寧とは、注意深く、心配りが行き届く意味である。もちろん、それは相手に対してである。

 仮に、いまの答弁内容について、本人が丁寧だと確信しているのであれば、おそらくは、他人の発言内容が理解できないか、まったく間違って理解しているか。いずれにしても、社会通念では「賢くない」という次第である。