日々道楽

米国流いんちき平和戦略

 アメリカによるIPEF(インド太平洋経済枠組み)構想が打ち出される。詳細はまだわからないが、関税引き下げのような市場開放をめざさない。

 昔から、アメリカ人が概して非哲学的だといわれるが、まあ、その典型だ。

 カント(1724~1804)は、貿易は本質的に平和を必要とするから、世界が自由に貿易できるならば、平和になることを指摘した。その通りである。

 ところが、本気で世界平和など考えたこともない連中は、いかにして自国が優位に立てるかという意図で外交に臨む。しかも、言葉だけは平和を云々するのだから質が悪い。

 いま、ロシアのウクライナ戦争のおかげで、人々の目がくらんでいるのが、チャンスというわけではなかろうが、世界をグループ化することが、平和へ向かわないくらいは、バイデン氏もわかるだろう。

 なにごとも米国優先で好き放題やってきたことが、プーチンの暴走を生んだ原因であることを、少しは本気で考えたらどうなんだ。