日々道楽

与太話調ですが——

 自民党幹事長の二階氏が、自分の派閥セミナーで、先日批判を食らった報道批判をまた繰り返した。派閥内にも党内にも困惑の声が上がっているというのであるが——

 わたしは、同氏が幹事長になるとは思っていなかった。離党・出戻り組であるし、安倍氏とさして良好な関係ではない。たまたま前任幹事長が自転車事故で辞任したが、氏は高年齢でもあった。

 与野党人脈は太いらしい。かつての田中派に原点がある。

 なかなか機を見るに敏であり、結構、イヤーゴウみたいでもある。

 ひょっとすると、低姿勢で事態乗り切りを図ろうとする流れを止めてやろうという策略が潜んでいるかもしれませんねえ。