日々道楽

低姿勢→低至誠

 読売本日社説は「衆院閉会中審査 政権の信頼回復につながるか」と見出しをつけた。いわく——

 「首相らの発言は不自然ではないか、との見方もあるが、事実なら、首相の友人を優遇したという批判は成り立つまい」と、けったいな文章を書く。

まあ、なんとかして人々の疑惑の矛先を外したいという気持ちが滲むのではあるが、それにしても丁寧なはずの答弁が、低姿勢なだけであって中味がない。

かくして、「疑問なのは、政府側に依然として、『記録がない』『記憶がない』との答弁が多い」と、さすがの提灯社説であっても書かざるを得ない。

働き掛けはなかった→「働き加計はあった」。

腹心の友なんだから、直接いちいち聞かずとも「親しいなかには便宜あり」

まあ、典型的な「門閥」「側近」「待合」の政治こそ、天下の自民党のお家芸なのであります。緩んだとか、おごりというようなものではない。これぞ、本質なんであります。