日々道楽

安倍外交の後始末をせよ

 プーチン氏が「憲法違反することは何もしない」と語った。

 日本政府当局は、いちいち相手のコメントに反応しないと静観する態度だが、それはともかく、安倍内閣時代に、いったい何を手掛かりとして、日ロ交渉を頻繁におこなったのか。回数だけは多かった!

 当時安倍氏は北方領土交渉の見通しを質問されて、「(こちらから動かなければ何も変わらないから)見通しがなければ何もしないでよいのか」と答弁した。もちろん、この答弁は質問に対して何も答えず、肩透かししただけであった。

 現実の国内世論は、領土交渉がいまにも進展しそうな流れが形成された。プーチン大統領だから、領土交渉が前進するという、根拠なき世論形成であった。いわば、政権の人気取り作戦としては奏功したわけだ。

 しかし、その一連の外交取り組みがもたらしたのが、プーチン発言であるから、領土交渉前進どころか、明らかに後退させた。

 いかなる展望があったのか、国会できちんと議論究明するべきだ。