日々道楽

どんぐり議会

 都民ファースト大勝利の最大の意義は、なんといっても自民党に痛撃をお見舞いしたことにある。それはそれとして——

 選挙は「勝てば官軍」だが、自民党に代わった都民ファーストが、自民党と似たような議会政治をやっていただきたくはない。

 もっぱら、都民ファーストが知事をチェックできるか否かという問題設定がなされるが、常識的には、当面それを期待するのは無理な相談だ。

 今度は小池べったりではない他党が、きっちり筋論を展開して、立派なお手本を見せねばならない。

 気がかりは、都民ファースト代表なる人物が、大日本帝国憲法ファンだという事実である。親分が非デモクラットだというのでは、とてもアブナイ。

 どんぐりコロコロ、どんぶりこ、おいけにはまって、さあ大変にしないためには、都民諸兄の監視力が大事でありますね。