日々道楽

最低裁判所だとの怒りの声

 非正規社員の退職金なし、ボーナスなしを合理的でないとして争っていた、東京メトロ事件と大阪医科薬科大学事件の2つについて、最高裁第三小法廷の判決が出された。判決は、退職金・ボーナスなしは不合理ではないとした。

 正社員と非正社員の間では、仕事の内容に対する期待や、仕事に対する責任に差がある。配置転換も異なるとする。いずれも、「経営側」がそのように考えているというにすぎないから、同一労働同一賃金の原則からすると、きちんと裁いたとは言えない。

 原告は同一労働同一賃金の原則に基づいて疑問を呈しているが、判決は、正社員と非正社員では、経営側の期待するものが異なるということに帰結するのであるから、正規非正規の格差を是正しようという大きな流れに逆行する。

 前の政権は格好よく「非正規という言葉を一掃する」とぶち上げたのだが、これでは「非正規という言葉を『一層』する」という感じだ。

 最高裁判決にしては、いかにも物足りない。生産点における労働組合の見識と活動に期待がかかる。格差なき社会をめざす理論と実践を確立しよう。