日々道楽

イギリスの政治動向

 イギリス政界が混迷しているらしい。メイ内閣と与党の保守党が一枚岩とはいかない。ブレグジット戦略でまとまりにくい。

能力はないが(と、ジャーナリストは辛辣だ)、野心だけはますます磨きがかかったボリス・ジョンソン外相と、第2党である社会党のコービン党首が虎視耽々、政権を狙っているという構図らしい。

しかし、誰が手を挙げても、下院の過半数を確保する政権は生まれないだろうというのが大方の見方だ。

EU離脱交渉は、誰がやっても難しい。前例がない。要するに、誰が交渉するかが問題の核心ではない。

イギリス政治家の知性と本気が問われている。わが国内で、揉めているような次元の低いものではない。

ついでながら——わが国政治の混迷とは問題の質が違う。注目だ。