日々道楽

慣れてしまえば——

 米ワシントン大学の保健指標評価研究所(IHME)が、現状から推測すると、コロナウイルス感染での死亡者が年末には41万人に達すると警鐘を鳴らした。現在の死亡数は18万超である。以前の予測では年末は31.7万人としていた。慣れもあって、慎重さが希薄化しているという。

 こちらでも連日感染数字が更新される。行政のさしたる動きもなく、相変わらず現状分析や、最新知見の報告もない。まあ、こんなものだという雰囲気になっているかもしれない。目下の感染者総数は71,812人、死亡は1,352人である。

 たとえば、3月ごろまで大騒動であった中国の感染者総数は89,953人、死亡は4,727人である。軽症が多いとはいうものの、当時は大変危機感を抱いてみていた中国の感染者数に接近している。

 拱手傍観、無手勝流というべきか!