日々道楽

非科学的政治的知見

 政府は「黒い雨」訴訟で控訴する。厚労相は、広島地裁判決が十分な科学的知見に基づいたとはいえないと語った。

 しかし、当時の大混乱のなかで、厳密に黒い雨を観測していなかったのは事実であるにもかかわらず、当局は一定の線引き(区域基準)をして対処してきた。これが十分な科学的知見だというのは政治的言い逃れにすぎない。

 しかも厚労相は、適用範囲を拡大する方向だという。これまた科学的知見ではなく政治的弁解である。

 コロナ騒動では、見たところ政府は科学的知見なるものに積極的ではない。科学的でない政治的知見を押し出すについては、政治家たるものは、よほど精神を研ぎ澄まさねばならない。

 しかし、そのような真剣真摯な態度が見られないのが遺憾千万だ。