日々道楽

ご近所商店がんばる

 自粛前後から客足が遠のき、ご近所飲食店は大変苦心しておられる。以前よりも再開している店が増えているが、特徴の1つはテイクアウトが増えた。

 寿司屋、居酒屋、中華屋などなど――

 老舗の寿司屋さんは店内飲食を止めて、もっぱら午後と夕刻に店頭販売と従来同様の出前に切り替えた。店頭販売は盛況で、店内飲食のときと変わらないみたい。お酒も人気銘柄を持ち帰り飲みできるように小分けして販売している。

 居酒屋さんは従来夜中心だったのを切り替えて、ランチタイムと夜は時間短縮して営業している。弁当は、スーパー、コンビニ、弁当屋、パン屋などなど従来から継続しているから、新規参入はしんどい様子だが、学生バイトらしい方がめげずにがんばっているので、ちょいちょい利用している。

 お店を再開しても、以前のような混雑はない。がまん比べという雰囲気だ。当方は、お昼はほとんどご飯を炊いて社内食! であったが、自粛になって逆に外食(テイクアウト)が増えてしまった。