日々道楽

大統領選挙がどうなるか

 やってはいけないことをやったトランプ氏の上院弾劾訴追は、事前の予想通り与党共和党の防御によって、大統領職からの追放を免れたが、無罪は形式であり、中身に対する疑惑が晴れたのではない。

 共和党上院議員のロムニー氏が、与党議員として弾劾史上始めて、反旗を翻した意味は小さくない。

 権力を乱用し、外交を歪めたという証拠は現実のものだ。

 デモクラシーはつねにこのような事態を招く可能性をもっている。ボルトン氏の証人尋問を共和党は数で実現させなかったが、下院司法委員会はボルトン氏を招致する。

 トランプ氏はワシントンポスト紙の「Trump acquitted」を掲げて「これが最終結果だ」と吠えた。ただし、本番は大統領選挙であり、実は「終わりの始まり」になる可能性は否定できない。