日々道楽

議長不適任問題

 細田議長が統一教会問題で一世一代! の粘り腰を見せている。

 なんで記者会見をしないのかという疑問に対して、そのような問題での記者会見は議長の立場にふさわしくないという。

 これを解説するならば、選挙の票目当てで、わけのわからぬ宗教? 団体の集会でゴマすり挨拶をしたのは、議長という要職にふさわしくないことを認めているからである。

 だから、議長の立場にふさわしくないようなテーマでの会見を催促されるような人物が議長職にあることが問題なのである。

 この程度の理屈を細田氏が理解できないわけはない。

 公職を、わが身の不始末の防壁にするのはフェアではない。もっとも悪質かつ程度がわるい公職の私物化である。

 この程度の政治規範がわかっていない与党、それに寛大な野党は、これまた程度がわるい。

 少しは性根を入れた姿が見たいものだ。